« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

マグロの解体ショー

扇風機と夏物服を届けに長男のいる高知へ昼前に思い立って行ってきました。

途中、石鎚SA,南国SAのドッグランでプリンのかけっこです。今日は同じような体格のワンちゃんが遊んでくれましたので、楽しいドックランになりました。

Dscf1140_large_2 Dscf1145_large_2

プリンと一緒に写っている手提げ袋は妻が最近完成させたハワイアンキルト?の袋だと思います。

Dscf1147_large_3

高知市内のスーパーでは50kgのマグロの解体ショーが行われていました。さすが高知です。  2009053114360001_2 2009053114400001_2

象の見える写真は帰宅前、今治市内の桜井総合公園で記念撮影をしました。プリンが小象をにらみつけています。Dscf1149_large_2Dscf1157_large_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

次男の帰省

昨日の夜、東京から次男が帰ってきました。国体卓球の第1次予選に出るためです。

プリンと松山空港まで迎えです。散歩の 時間があったので、松山空港や隣接の帝人松山事業所の近くを散歩しました。このように近くで飛行機を見たのはプリンも初めてだと思います。

次男は本日、松山市コミセンでの試合を終え、東京へ帰りました。私は終日仕事でした。6月中旬の第2次選考会で代表が決まります。090523_185001

2009052318430000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

海岸散歩

最近はずっと仕事で帰宅が遅いので、プリンとの夜の散歩はできていません。明日も仕

事がありますが、今日は休みがとれたので、久しぶりに家の近くの海岸まで散歩です。

その前に、庭でのプリンの様子を写しました。花壇も侵入されよく荒らされます。飼主が怒

ると逆に喜んでしっぽを振っています。困ったものです。Dscf1121_large

Dscf1124_large 

遠くにしまなみ海道を望むことができます。干潮で磯が出ていました。Dscf1130_large

プリンの向こうには水着姿の子どもが浅瀬で 遊んでいました。Dscf1133_large

いつものように道路でなく、防波堤Dscf1135_largeの上を散歩します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

うどんYAさん

今日は西条市(旧東予市)に変わったうどんYAさんがあると妻が言うので、プリンを連れて行ってきました。

ここは週末の金土日の週三日、しかも11時から14時までしか営業していない、うどんYAさんです。


場所は今治市内から西条方面へ向かい、旧東予市に入ってまもなく根岸の信号機を右折、しばらく走ると愛媛バスの営業所があるので、そこを右折し、道なりに進むと青いのぼりが見えてきます。

穴場的なお店です。11時30頃行きましたが、店内(民家を少し改造した程度)はお客さんで満席でした。すごいにぎわいです。基本的なスタイルは玄関で靴を脱ぎ、座敷に上がって、うどんを頂きます。

注文して、うどんが出てきたら、カウンターで受け取り、後は好みで、ねぎ、だし醤油などをかけて出来上がりというセルフ方式。お勘定も客自らがざるの中に入れて行います。

麺にこしが少し足りないような気はしますが、写真のうどんが200円です。おでんも1本 50円(既に売り切れてました。)でなにせ値段がリーズナブルです。

是非お勧めします。

残念ながらプリンは車の中で待機です。帰宅途中、雨のあがった時間で、日本食研の宮殿工場を望む織田ヶ浜でプリンと散歩を楽しみました。

Dscf1112_large
Dscf1113_large_2Dscf1116_large

Dscf1118_large_2

Dscf1117_large_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

来島サービスエリア

ゴールデンウィークの最終日の来島SAへ行ってきました。このSAは施設の近くまで一般道で行くことができます。

恐らくこれだけの多くの車、人を見たのは開通時以来だと思います。ETC千円の効果は絶大です。

これからも週末はしまなみ海道は多くの観光客でにぎわうことでしょう。

Sa Sa1

Dscf1093_large 昨日のプリンとの散歩の様子です。

Dscf1092_large 

プリンの後方に大きくなったタケノコが見えます。Dscf1097_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »