« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

「大晦日」

大晦日は静かに過ぎていくはずでした。

しかし、長男が帰省しているので、そうはさせてもらえません。

昨日から我が家のフラダンス教室の会場が卓球場に様変わりしています。

多球練習も相互にやらされ、既に体が悲鳴を上げています。

Dsc02777_large

Dsc02786_large

Dsc02793_large

次男は来年1月に開催される全日本卓球選手権大会へ備えて大学で練習です。中学卒業以来、正月の帰省はないので、もう慣れました。

今日は大学での練習が休みなので、埼玉アリーナで開催されている、 『FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ2010』を観戦に行っているようです。うらやましい限りです。

私は今晩テレビ観戦です。送られてきた埼玉アリーナの様子です。

Sn3j03720001

今日の卓球の練習前にプリンと散歩です。

プリンの後ろに見えるのが愛媛県立今治病院です。今年も病院での年越しを余儀なくされる患者さんが多くいることでしょう。私の知人も入院しています。

明日から始まる新しい年が皆さんにとってすばらしいものとなることを願っています。

今年のブログの更新はこれが最後となります。

ありがとうございました。

Dsc02767_large

Dsc02770_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

「年末大掃除」

今日は午前中は大掃除です。

まず窓拭きです。これがなんといっても大問題です。

外には悪魔が満を持しています。

しかしながら、これを恐れていたのでは男ではありません。

意を決して窓拭き開始。しばらくはじっと様子を窺っている悪魔です。

Dscf4424_large

だんだんと体をかぶせてきます。息遣いが分かります。

Dscf4428_large

そして、目と目が合った時、ついに恐れていたことが現実となりました。

雑巾奪取です。

Dscf4429_large

綱引き開始。

「こりゃ!、離せ、プリン!」

Dscf4426_large

こんなっことをしていると作業がまったくはかどらないので、プリンを犬小屋へ入れてから作業継続。なんとか無事、窓拭き完了しました。

午後からは食事も兼ねて東予国民休暇村へ。

Dscf4430_large

食後はプリンと休暇村下の広場へ。

今日はこの広場全体が貸切状態だったので、プリンを自由に走らせました。 プリンも筋肉の限界まで走りこみしました。

Dsc02729_large 

Dsc027301_large

Dsc02739_large

Dsc027521_large

この後、私は冷え切った体を回復させるため、休暇村の温泉へ。露天風呂から眺める石鎚連峰は雪を抱き最高でした。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「仕事納め」

日付が変わってしまったので、正確には昨日28日で今年の仕事納めでした。

1月4日から仕事始めです。

今年もいろいろありましたが、やり遂げたことは昨年が四国八十八ヶ所の結願、今年は別格20霊場を満願し、この二つをプラスすることにより、「108の煩悩消滅の旅」を終えることができました。

旅は終えましたが、残念ながらまだまだ煩悩だらけで、むしろ増えているような気もします。現在、ゆっくりと2度目の八十八ヶ所参りをしていますので、来年中には高野山へお参りができるようにしたいと思っています。

明年が自分にとっても、また、全ての人にとっても、平穏で幸せな年となりますことを願っています。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

「高校駅伝とフィギュアスケート」

今日は京都で開催された高校駅伝のテレビ中継をプリンと一緒に見ました。

愛媛県勢の応援をしましたが、残念ながら愛媛と全国との差はとてつもなく大きいものがあるということを実感しました。ガンバレ!愛媛。

プリンがおっさんのような格好でテレビを見ています。いや、寝ていたのかも知れません。

34キロは大きいし、重いです。

101226_1110_01

101226_1123_02 101226_1127_02

夜はフィギュアスケート全日本選手権の女子フリーです。浅田真央が活躍しないとフィギュアスケート界は盛り上がりません。結果は安藤に次ぐ2位でした。

世界選手権の代表に女子は安藤美姫、浅田真央、16歳の村上佳菜子の3人が選ばれました。

復活した浅田選手の世界選手権での活躍が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

「緊急事態」

休日なので、普段と違う方向へプリンと散歩していると、パッカー車の隣の不燃物から煙が出ているではありませんか。

関係者が消防へ電話している模様です。恐らく、不燃物を積んだパッカー車から煙が出ているのに気づき、不燃物を車外へ排出し、それが燃えていたのだと思われます。

年の瀬を向かえ、大掃除などで出たゴミの中に穴あけ処理をしていないスプレー缶などが入っていて、それに火がついたのかも知れません。それぞれが気をつけないと大変なことになります。

関係者によって消火器等で火は消し止められましたが、その後が大変です。パトカーや救急車、当然のことながら消防自動車がたくさん。

皆さん、ゴミ出しには気をつけてください。プリンとの散歩から帰るとそこはきれいに片付けられていました。一大事にならなくて本当によかったです。

Dscf4402_large

Dscf4411_large

それにしても、今日は寒くて寒くてたまりません。

雪が舞い、木枯らしが吹く中での散歩は大変ですが、プリンと今治市の浅川河口まで行きました。

ここ今治市は雪は積もりませんが、まさしく、気分はホワイトクリスマスです。

Dscf4413_large

最後の写真は先日、我が家での今年最後のフラダンス教室があった際に、ピザを届けた宅配業者さんです。ヘルメットをかぶったサンタさんはあまり見かけることはありません。妻が撮影したものですが、フラダンス教室でなぜピザなのかは不明です。

101221_1959_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

馬島第2弾とクリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。

我が家にもクリスマスケーキが届けられました。

毎年同じ方からのいただきものですが、夫婦2人となっては大きすぎます。かと言って、我が家のプリンが本気で食べると30秒だと思われます。

プリンには虫歯になってもいけないので、イチゴをプレゼント。

今日は世界中の全ての家庭に幸せが届けれらることを祈っています。

Dsc02727_large

それでは、昨日の馬島への行進、第2弾です。

この島に着くと必ずすることがあります。それは、エレベーターから降りて、道を下るとちょうど正面にこの慰霊碑があります。架橋工事の際、ここ馬島で大事故があり、7人の尊い命が犠牲になりました。その御霊にプリンと一礼です。こうやって歩いて来島海峡を渡れるようになったのはまさしくこの方々のおかげであります。

Dscf4379_large

島の中心部である馬島港の辺りは何度も行っているので、まだ、行ったことのない島の裏手、うわさには椰子の樹林があると聞いていたので、そこを目指すこととしました。途中、舗装された道が終わると、けもの道に変わりました。あまり人が通った形跡がないので、少し不気味です。プリン隊長は先頭を切って進んで行きます。

Dscf4396_large 

到着です。ありました、椰子の樹林。巨大な椰子が茂り、鬱蒼としています。

Dscf4394_large

椰子の樹林を抜けると海岸です。来島海峡大橋を臨むことができます。

Dscf4393_large

Dscf4392_large

この後は来た道を引き返し、プリンとひたすら糸山まで歩き続けました。午後1時糸山スタートし、帰ってきたのが、午後2時45分。よく頑張りました。

帰宅後もプリンは元気です。

Dsc02711_large Dsc02707_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

「来島海峡大橋」馬島までの行進「第1弾」

平日は仕事が忙しく深夜の帰宅が続いていますので、プリンと遊ぶことができません。

今日は仕事が休みでしたので、午後からプリンとしまなみ海道の橋脚がある「馬島」まで行進です。この島へプリンと行くのは5回目くらいになるでしょうか。

スタートは糸山にある来島海峡展望館からです。この写真に見える最初の島が馬島です。ここから往復約5キロです。馬島は江戸時代に今治藩の馬の放牧がされていたことが、島名の由来となったものです。

Dsc02719_large

過酷な行進を予想してか、自らに気合を入れているプリンです。

Dsc02721_large

ここが来島海峡大橋の入り口になります。手前の道路を右側に入りループになっている自転車歩行者道を進みます。

Dscf4353_large

途中、人と同じように景色を楽しむプリンです。ここから日本一の海事都市「今治」を垣間見ることができます。

Dscf4349_large

Dscf4350_large

「オイ、引き返さないか!」「とりあえず休憩ぜよ」と目で訴えていますDscf4354_large

「まだ、1.5キロもあるぞ。」

Dscf4356_large_2

しかし、もしプリンが動けなくなれば34キロをかついで帰らないといけないので、とりあえず休憩です。

Dscf4365_large_2

橋上からの下を見た景色です。

Dscf4358_large

Dscf4362_large

Dscf4366_large_2

ようやく馬島入り口に到着です。

ここから階段を下り、本線した横断し、エレベーターまで向かいます。

Dscf4369_large

エレベーターです。人もバイクも自転車も乗せることができます。 高いところが大好きなプリンはうれしくてたまりません。

Dscf4371_large

Dscf4375_large

エレベーターは橋脚の外側に造られています。迫力のあるエレベーターです。ガラスが見えているところがそうです。

Dscf4377_large

ここが馬島です。

Dscf4381_large Dscf4382_large

続く。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

「土佐神社」

昨日、第30番札所善楽寺をお参りした際、隣接する土佐神社にも足を運びました。最初の遍路の時は、時間ばかり気にして周りを見る余裕もなかったのですが、さすがに2回目となるとバタバタせず、ゆっくりとお参りしていることもあり、新しい発見をすることができます。

ここ土佐神社は土佐国一宮で、一宮とは神社などの社格で、神社の階級で首位にあるものを言います。

5世紀の創建と伝わる古社で広大な境内をもち、国道 脇の楼門から長い参道が続きます。正面奥には樹齢数百年の杉や檜が鬱蒼と茂る中、本殿、 拝殿、幣殿、鼓楼、楼門など重要文化財の建築物が立ち並び、神秘的な場所となっています。

そして、龍馬伝でも撮影の舞台となっていたことをここへ来て初めて知りました。

善楽寺へお参りの際は是非、ここ土佐神社へも寄られることをお勧めします。

http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/gc/vol09_3.html

Dsc02683_large_2

Dsc02687_large

Dsc02686_large

Dsc02691_large

Dsc02690_large

Dsc02699_large

Dsc02697_large

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

遍路と卓球

今日は遍路と卓球の応援のため、高知へ。

まずは、黒潮アリーナです。ここの体育館は高知のよさこい国体(夏季大会)の会場となったところで、卓球をしているところが、50mプールに変身します。 体育館とプールの両方に使うことができます。

今日はこのアリーナで西日本近県オープン高知卓球大会がありました。長男が出ていましたが、なかなかおもしろい試合をしていました。実業団や関西の強豪大学を招待し、レベルの高い試合が繰り広げられました。

長男の結果は4回戦で元実業団選手に敗れましたが、楽しそうに卓球をしていました。

Dscf4339_large

Dscf4340_large

Dscf4343_large_3

この後は遍路の続きです。

第30番札所善楽寺へ向かいました。

Dsc02679_large

途中、市内電車とすれ違いましたが、アンパンマンのキャラクターで電車の周りが埋め尽くされていました。

Dsc02703_large 

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

「ストーカー」

今日はお墓掃除、年賀状準備など年末に向けての用事を済ませました。

ところで、下の写真は我が家のストーカーです。家の中の様子を常に伺っています。

休みの日、私が居間にいる時は早く遊べといわんばかりに、居間のガラス越しににらみつけています。

Dsc02673_large

仕方がないので、外で遊ぶと、いつものように植木鉢をくわえて猛スピードでダッシュ。

Dsc02662_large

これで、よく前が見えるものだと思います。

Dsc02664_large

大好きな瓦の破片です。

Dscf4318_large

今日は天気も良かったので、自宅から海岸まで散歩です。来島海峡大橋も師走の陽光の中輝いていました。

Dscf4335_large

Dscf4337_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

ほんからどんどん

今日の今治銀座商店街です。水曜日で商店街休みということもあり、閑散としています。

Dscf4312_large

この商店街の中で、唯一賑わいを見せてくれているのが、ここ「ほんからどんどん」です。

今日も昼食時はごったがえしていました。商店街の活性化の起爆剤になって欲しいと願っています。開店当初はお客様が来るのは当然ですから、これからが本当の意味での勝負だと思います。

Dscf4307_large

昼休み、もう一つ発見をしました。民主党の旗をつけた自転車です。後部座席にスピーカーを積んで、自動で音声が流れていました。来年の統一地方選挙、愛媛県議会議員選挙に出馬される新人さんのようです。選挙までまだまだありますが、新人さんにとっては、残された時間はあまりありません。健闘を祈ります。

Dscf4313_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

「休暇村瀬戸内東予」

日曜日の昼食はここ休暇村瀬戸内東予です。休暇村の海岸を見下ろす高台に建てられています。ここの温泉は、道後・鈍川と並ぶ伊予三湯のひとつである本谷温泉からの引湯です。

日帰り入浴もでき、当日も多くの入浴客を見かけました。瀬戸内海を一望でき、遠くに石鎚山を望むことができます。当然のことながら露天風呂もあります。

Dsc02580_large

昼食は日替わりランチとハンバーグ定食でした。ここ3階のレストランの眺望も抜群です。

Dsc02577_large

Dsc02574_large

この建物の下の海岸でのプリンの穴掘りの様子です。頭が地面の中に埋もれています。

Dsc02567_large

下の紅葉はマチュピチュへ行く途中、新居浜のマイントピア別子で撮影したものです。

Dsc02594_largeDsc025871_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

「東洋のマチュピチュ」

誰が名づけたかは知らないけれど、「東洋のマチュピチュ」と命名した人はすばらしいと思います。

ペルーの本物のマチュピチュは尖った絶壁の山々がそびえるウルバンバ渓谷の山間、標高2,280mの頂上にあります。テレビでも見たことはありますが、正直それに例えるのはジャロ(日本広告審査機構)に訴えられるかもしれません。ここ東平の標高750m。

しかしながら、ここへ続く道は険しく、離合ができない箇所も多く、この地に何十万人もの観光客が訪れているのが不思議なくらいです。

幹線道路から約5km狭隘な道をくぐりぬけ、着いたところが広々とした駐車場です。午後3時でしたが、気温は3度、さすがに標高が高いせいか、空気が凛としていました。

むかしの東平の地図がありましたが、ここには、保育園、小学校、中学校や病院、娯楽場、社宅など町がありました。往時を偲ぶと、現在の杉林の中にこのような施設があったのかと思うと感慨深いものがあります。

急峻な山中にりっぱな町を作った当時の人の気骨や気概を感じさせられました。

1690年に発見され、翌年から昭和48年までの280年間、日本の近代化を支えてきた別子銅山です。その圧倒的な歴史には学ぶべきことが多いかと思います。

Dsc02648_large_2

Dsc02645_large

Dsc02637_large

Dsc02596_large

Dsc02623_large

Dsc02635_large

下の写真はマイントピア別子を散歩するプリンです。

Dsc02591_large

最近は近代遺産のブームともなっています。

今治市小島にも明治期の砲台跡や弾薬庫などが当時のまま残されています。ここ東平に勝るとも劣らぬ、立派な施設です。

ここにもっともっと光を当てなければ、そのためにも「東洋のマチュピチュ」に負けない名前をつけなければ。。。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

「東洋のマチュピチュへ」

今日は、昼前は東予国民休暇村の海岸でプリンと散歩です。ここは白砂青松の海岸で、敷地も広く、背後地には整備された散策路もあり、気持ちよく過ごすことができます。Dsc02537_largeDsc02545_large 

プリンは海岸ではいつものように穴掘りです。掘っていると地中から木片がでてきました。うれしそうにくわえています。

Dsc02558_large

Dsc02561_large

あー疲れた。

Dsc02570_large

Dsc02576_large

昼食をここ休暇村で済ませ、今日は遍路ではなく、東洋のマチュピチュと呼ばれ最近人気の観光スポットになっている新居浜の東平(とうなる)へ向かいました。ここ東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれ、社宅・小学校・劇場・接待館が建てられるなど、昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていたそうです。

プリンもまたまた開いた口がふさがりません。詳細は後日。

Dsc02621_large 

Dsc02597_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

フレッツ光

我が家も今日からフレッツ光です。

なぜ、光にしたか。理由は簡単です。電話攻勢に負けたからです。本当にうっとうしいくらい電話がかかってました。

午後からNTTの人が来て光の工事です。

Dsc02532_large

ADSLから光に変わって、インターネットについてはさほど変化は感じられません。しかし、確かに動画を見た場合に違いがわかります。

昨日からプリン小屋にも新しい毛布の登場です。

Dsc02533_large

今日は東京にいる次男から連絡があり、来年3月に開かれる東京卓球選手権大会のダブルスの予選に通過したと。本大会は外国籍の選手も参加できるため、大会のレベルは1月に開かれる全日本選手権をしのぐ大会とも言われております。来週はシングルスの予選です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「刺し子」第2弾

昨日、妻の了解なしに刺し子の写真をアップしたので、本日、職場から帰宅すると正面を向いていた「ウサギ」の刺し子がこんな姿に変わっていました。トホホ。

Dsc02529_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

「刺し子」

刺し子とは、手芸の一分野で、布地の補強・保温の為に、糸で細かく刺したものだそうです。

最近では、新しい布地に様々な色の糸で、オリジナル柄を刺して楽しんでいるようです。

一針一針、根気のいる作業だと思います。

今日帰宅すると小さな額に入った我が家の刺し子がありました。

来年の干支。ウサギかな?

Dsc02517_large

プリンがデブになり、耳が立つと上の写真のようになるのかもしれません。

居間の犬小屋で眠るプリンです。

Dsc02522_large

本格的な寒さの到来です。

プリンとの散歩も寒さとの戦いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

夜空

最近、プリンとの夜の散歩で夜空を見上げると、ことのほか星がはっきりと輝いて見えます。冷たく凛と澄んだ満天の夜空を見つめていると瞬く星空や流星が饒舌に語りかけてくれるようです。冬は星空を見るには絶好の季節です。

金星探査機「あかつき」の金星最接近が近づいてきました。7日朝にエンジンを逆噴射して減速し、金星を回る衛星軌道に投入されるそうです。是非、成功して、「はやぶさ」がイトカワから帰還した時のような感動を与えて欲しいと願っています。

昨日は内子に寄った後は、遍路を少しだけ。44番、46番、47番、48番札所と4寺をお参りしました。残念ながら45番札所の岩屋寺は体力の関係で今回は断念しました。いつものように、最後のお寺48番札所に駆け込んだのは、午後4時57分。納経時間まで残り3分でした。

下の写真は47番八坂寺です。

Dsc02510_large

内子の町並みです

Dsc02481_large_2

Dsc02467_large

今、内子で一番賑わっているのが、ここ、道の駅、「からり」です。駐車するにも並ばなければなりません。

Dsc02491_large

Dsc02489_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

「プリン in  内子」

今日はプリンは内子に登場です。

町並み保存地区を散策しました。私は実に十数年ぶりです。

残念ながら町並みは以前の方がずっと良かったです。新しい現代風の目立つ建物も多くなり、町並みの良さが失われつつあります。

また、保存地区内の狭い道路を我が物顔で走る車も多く、観光客にとっては危険な場所ともなっています。

Dsc02478_large

今回、興味を持ったのは町並みではなく、八日市・護国の町並みから少し北へ上がったところにある高昌寺の長さ10m、高さ3m、重さ約200tの日本最大級の石造涅槃仏です。これは、でかい。気持ちよさそうに寝ています。

Dsc02484_large

足もどでかい。ジャイアント馬場が16文キックで有名になりましたが、これならゆうに50文キックはだせそうです。

Dsc02485_large

道の駅「からり」 の下の公園でプリンは遊びました。

Dsc02495_large

内子PAのプリンです。

Dsc02462_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

体重が!

今日は1年ぶりのプリンのワクチン接種の日です。今治市片山にある善診堂さんへ。

ワクチン接種の前に体重測定です。先生に言われ、プリンを体重計の上に載せるのですが、これがかなり重たい。体重を量ってみると、なんと34.5Kg。昨年より、4Kg増量です。

注射を終え、証明書に貼り付ける写真撮影ですが、カメラを向けるとワザと他所を向いてしまうため、2人がかりで、首を固定し、「ハイチーズ」なかなか大変な作業です。

今日の晩御飯はいつもより若干少なくしました。

Dsc02461_large

今日は散歩コースのいちょうの樹が丸裸でした。昨日の台風並みの暴風が、黄色い葉っぱを根こそぎ飛ばしてしまいました。

Dsc02438_large

ここは毎年この時期散歩に行っている近見山の麓のお気に入りの場所です。

Dsc02452_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

「ほんからどんどん」

明日、12月4日(土)今治市の銀座商店街に飲食店や子供からお年寄りまで集まることのできる複合施設「ほんからどんどん」がオープンします。今治ラーメン(期間限定)や焼き豚玉子飯といった今治名物料理を楽しめる飲食施設、子供や母親が集まるキッズコーナー、お年寄りや障害者が気軽に立ち寄れるサロンなどがあります。

この場所はパチンコ屋の空き店舗を利用して出来ました。店の名前となっている「ほんからどんどん」は商店街のある同市本町から、ドンドビ交差点(同市常盤町3)までを意味する「ほんからどん」と、「ドンドンお客さんに来てほしい」という願いを組み合わせたつくられたようです。

是非とも、商店街、中心市街地の活性化に結びついて欲しいと願っています。

近日中には立ち寄ってみたいと思います。

今日は午前中、雷、突風、豪雨がありました。一言でいうなら「すさまじい」です。なにか地球の気象が大きく変化しているようです。

天気が回復した後、表を「すさまじい」勢いで走るプリンです。

101203_1055_01

ところで、昨日帰宅すると玄関で懐かしいクリスマスツリーが迎えてくれました。

久しぶりに見ました。7,8年ぶりでしょうか。子供が小さい頃は毎年飾っていました。これを見ると、なにか心に火を灯してくれるような気になります。楽しかった日々が蘇ってきます。(今も結構楽しいですが。)

Dscf4301_large

最後の写真は先週の四国遍路で見つけた鮮やかなイチョウの樹です。

Dsc023691_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

「これ何?」

Dsc02429_large

この物体、最近、家の中でゴロゴロしています。

正体不明の石ころのような角砂糖のような、水晶のような。

先日、宅配でこれが25Kg届けられました。

今日まで何か分からなかったのですが、ついにその正体が妻より明かされました。

「角砂糖です。」「冗談です。」

これは、「ヒマラヤ岩塩」という塩の塊だそうです。

今から約40億年前に地球の地殻変動で海水が陸に閉じこめられ、塩湖となり、さらに水分が蒸発濃縮されて結晶化し、さらに長い年月をかけて堆積して3億8千万年前に岩塩層となり、今日に至っています。

産地は、ネパール、インド、パキスタンの東部にかけ広範囲で採掘することができるようです。

「なぜ買ったの?」「伯方の塩に飽きたから」「違います」

冷え性の妻がその対策に買ったようです。お湯に溶かすだけで、自宅が温泉になり、冷え性もポカポカ、お肌スベスベ、ストレス解消!

楊貴妃・クレオパトラも愛用したと言われる「ヒマラヤ岩塩」だそうです。

さて、何日続くことやら。これだけ塩があったら人一人塩漬けにできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »