« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

「大晦日」

今日は高知県から長男が帰省しました。

いよいよ大晦日です。

新しい年まで6時間を切りました。

そして、ブログも今年最後のアップとなりました。

Dsc06314_large

今日は午前中にプリンを連れて今治を代表する観光地である来島海峡大橋を望む糸山公園へ。

大晦日でもたくさんの観光客が来ていました。また、橋上でサイクリングを楽しんでいる家族連れも見かけられました。

来島海峡大橋はいつ見ても雄大で人間が持つ能力のすばらしさを認識させてくれます。

Dsc06321_large

Dsc06317_large

Dsc06316_large

世界中が新しい年、2012年、平成24年が平和で、平穏な年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

「明日は大晦日」

昨日、今日と家の掃除や片付けをしました。

これでほぼ新年を迎える準備はできました。

明日は大晦日、NHK紅白歌合戦を見て、そして年越し蕎麦を食べて、平成24年の新しい年を迎えます。

今年はプリンにも正月用の飾りつけをしました。

なんとなく土佐犬になりました。

これで、全て完了です。

Dsc06293_large

下の写真は今年のプリンの誕生日に買ったおもちゃのピーピーですが、あわれな姿に変わっていました。

「プリンさん、もう少し大事に遊んでください。」

Dsc06307_large_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

「ヨーロッパ旅行の真実」第2弾

12月25日(日)は「淡路ワールドパークONOKORO」です。

ここが実はヨーロッパ旅行の場所でした。

詳細はhttp://www.onokoro.jp/をご覧ください。

凱旋門や万里の長城など世界の有名な建物が25分の1サイズで大集合する「ミニチュアワールド」、世界の童話から8つのシーンを紹介する「童話の森」などがあります。

Dsc06225_large

園内にある大観覧車にも乗りました。

Dsc06261_large

Dsc06264_large

Dsc06274_large 

パリの凱旋門です。

Dsc062271_large

インドのタージ・マハルです。

Dsc06231_large

中国の万里の長城です。

Dsc06245_large

なかなかユーモアに溢れた施設でした。そして 童心に返って楽しめました。

最後の1枚は宿泊したホテルの窓から撮影した徳島側、大鳴門橋の写真です。

Dsc06221_large

この日は「淡路ワールドパークONOKORO」だけを見学して帰路につきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

「ヨーロッパ旅行の真実」第1弾

昨日、アップした記事の中で「クリスマス休暇を利用して」とありましたが、我が家にクリスマス休暇はありませんでした。土日を利用してが正解でした。お詫びして訂正をさせていただきます。

また、行き先もヨーロッパではなく、淡路島が正解でした。これも、お詫びして訂正をさせていただきます。

24日の土曜日、昼前に自宅を出発し、道中、うどんのおいしい「さぬきや」を目指しました。「さぬきや」は徳島県三好市で清流吉野川を見下ろす場所にあります。箸蔵寺のケーブルカー乗り場の前にあります。

ここの釜揚げうどんが大好きです。うどんにはこしもあり、量も申し分ありません。値段は350円。これに、おでんがあれば何も言うことはありません。

Dscf7511_large 

ただ、ここに行くまで雪がたくさんあり、本当にヒヤヒヤしながら運転していました。

Dscf7512_large

途中休憩したPAではプリンも雪の感触を楽しみました。

Dscf7508_large

昼食後は一路、淡路島へ。

クリスマスイブの夜はイギリスの田園風景をイメージしたテーマパーク

淡路ファームパーク イングランドの丘

です。兵庫県南あわじ市(淡路島)にあります。

ここは、広大な敷地の中で農業・酪農体験やクラフト体験などができ、コアラ館では、オーストラリアから来たコアラたちに出会えます。

目的は夜のライトアップです。

Dsc06212_large   

Dsc06217_large

Dsc06204_large

Dsc06202_large

なかなか、ロマンティックなクリスマスイブでした。

(第2弾へ続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

「ヨーロッパ旅行」

クリスマス休暇を利用して念願のヨーロッパ旅行へ行ってきました。

夢にまで見たヨーロッパです。

まずは、ギリシャのシンボルともいえるアクロポリスの丘に姿を表すパルテノン神殿です。紀元前432年、優秀な建築家や工芸家が集められて造られ、15年の歳月をかけて完成。ローマ帝国時代にはビザンチン教会、オスマントルコ時代にはイスラム教寺院として使われました。

Dsc062341_large

次は皆様ご存知、イギリスのバッキンガム宮殿です。

バッキンガム宮殿は、エリザベス女王のロンドンの公邸および執務の場であると同時に、王室庁の事務本部としても機能しています。

毎日繰り返される衛兵交代はおもちゃの兵隊のように感じられました。

Dsc06260_large

下の写真はスペインのセゴビア城です。威風堂々とした建物です。

Dsc06252_large

本当にヨーロッパはいいですね。

最後の写真はイタリアピサの斜塔です。

Dsc06242_large

詳細は後日。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

「黒いサンタクロース」

「ジングルベル、ジングルベル」

今日我が家にやってきたサンタクロースは何か変です。

クリスマスには、まだ、少し早いような気がしますが...。

とりあえず、メリークリスマス

Dsc06154_large 

Dsc06160_large

Dsc06170_large 

相手にしないと、「何かプレゼントをくれ!」と寄ってくる変な黒いサンタクロースです。

クリスマスは、キリスト教徒の国では一般に「イエス・キリスト」の誕生をお祝いする日ですが、日本では、イベントの一つのような気がします。宗教的な色彩は極めて薄くなっています。家族や友達、恋人と一緒に楽しく過ごすのが一般的で、ケーキが1年の内で一番売れる時でもあります。

ちなみに我が家では既にクリスマスケーキを食べてしまっています。もう、めちゃくちゃです。

Dsc06190_large

今日は朝から車の洗車やお墓掃除と忙しく動きまわっています。

これから窓拭きなど家の掃除です。新しい年を迎えるための準備をしなければなりません。といっても、本当にざっとするだけですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

ひなたぼっこ

今日の日中のプリンの様子です。

玄関先でひなたぼっこをしています。

妻が撮影しました。

Dscf7501_large

Dscf7503_large

Dscf7499_large

気持ちが緩みすぎのようです。

昨晩、テレビ放送された「南極大陸」でのタロ、ジロの苦難を考えると、プリン嬢も南極での修行が必要なのかもしれません。

また、今日はいつもの瓦のかわりに大きな石と格闘しています。

Dscf7490_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

「お父さんホットカーペット」

「お父さんホットカーペット」が昨日届けられました。

私の携帯をドコモからソフトバンクへ変更したためいただいたものです。よくコマーシャルで見かけるものです。

長年使っていたドコモでしたが、次男が携帯をauからソフトバンクへ変えたため、この際に家族で一人だけドコモでしたので、私もソフトバンクにしました。

ちなみに妻と長男はauです。

Dsc06144_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

「海山城」

昨日から寒くてたまりません。

1月並の気温らしいです。

先週は忘年会もあり忙しく過ごしていました。

今日は午前中は家の掃除。

午後からはプリンを連れて今治市波方町の海山城へ散歩に行ってきました。偶然にもそこで親戚の叔父さんに会うことができましたが、不思議な巡り会わせがあるものです。

ところで、その昔、来島水軍の砦(見張所)があったと言われている海山には、その伝承に因んで、城型の展望台が設けられています。

その城を背景に記念撮影です。

Dsc06138_large

ここからは、来島海峡大橋を眺めることができ、瀬戸内の多島美も堪能できます。

そして、360度のパノラマを楽しむことができます。

Dsc06140_large

Dsc06134_large

Dsc06136_large

公園内の階段は空中に浮いているような気になります。

Dsc06142_large

ここは、夜間にはライトアップされ、遠くから見ても山頂が幻想的に輝いています。

いよいよ仕事も年内は残り実質7日間となりました。

12月に入って日が矢のように進んでいます。

そろそろ年賀状の準備をしなければなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

マフラー?

昨日、妻が完成したと言っていたのが、下の写真の物です。

何かよくわかりませんが、マフラーのような物です。

Dsc06126_large

巻いている所を後ろから勝手に撮影しました。

Dsc06132_large

昨日は夕方、この最近オープンした「かみとくの湯」に行ってきました。

大人料金550円、歩行浴あり、巨大なサウナあり、なかなか楽しい温泉が今治市に新しく誕生しました。オープンしたてとあって新しい物好きの今治人で賑わっていました。

風呂上りもぽかぽかと温かく、なかなかいい温泉です。

Dscf7487_large

下の写真は、昨日庭の花壇に植えてある大根をむしりとって食べているプリンです。

Dsc06120_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

近見山

昨日は親戚の結婚式に出席するため、午前4時過ぎに起床し、5時台の列車で大阪へ、夜8時過ぎに帰宅、なかなかハードな一日でした。

そして、今日は朝から近見山の大清掃がありました。

麓の近見中学校の生徒さんはじめ、市内7校の高校生、自治会、ライオンズ等の各種団体、消防団、市役所など総勢800名を超えるボランティアがゴミの不法投棄が目だっている近見山の清掃活動を行いました。

昭和25年に瀬戸内海国立公園の指定を受けた近見山を美しい姿で後世に引き継げるよう、参加者の気持ちのこもった清掃で、近見山が喜んでいるようでした。

これを機会になんとかゴミの不法投棄をやめさせなければなりません。

それにしても、一人では大したことはできませが、800名を超える人間が一つの目的に向かって進むと全てが可能となる、数の偉大さ、組織の力を改めて認識することができました。

1箇所ゴミを拾っただけでもこれくらいあります。ほとんどが、燃やせないゴミやテレビなどです。

111211_100841

深い谷に捨てられたゴミも消防士が崖を下り重機で拾い上げました。恐らく何十トンものゴミが今日の午前中の作業で回収できたのではないかと思います。

見事にきれいになりました。

Dscf7482_large

午後からは今日2度目の近見山登山です。

美しくなった山をプリンと歩きました。

プリンの後ろの「E」は今日の作業場所の班分けの記号です。

Dscf7485_large

Dscf7484_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

イルミネーション

プリンとの夜の散歩コースで、毎年12月になるとイルミネーションが点る家があります。

あまり、派手ではなく、ひっそりと輝いていますが、それでも、この家の前を歩くときは、いつもクリスマスソングを口ずさんでしまいます。

イルミネーションには、人々に励ましや潤い、癒しなど様々な心理的な効果を与えるなにかがあるような気がします。

東北の震災被災地でも楽しいクリスマスが迎えられることを願っています。

111205_201708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

「散歩」

今日はプリンと近見山のふもとまで散歩です。

と言っても片道20分位ですが。

周りにはたくさんのみかんの樹、何れも、枝が折れそうなくらいみかんがぶら下がっています。さすが、ポンジュースのふるさと、愛媛です。

そして、見事な紅葉が下界まで下りてきました。

Dscf7455_large   

Dscf7456_large

Dscf7457_large

Dscf7461_large

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

体重が!

今日はプリンの混合の予防接種にかかりつけの動物病院へ行きました。

予防接種前に、体重測定や健康診断が行われます。

さて、気になる体重ですが、昨年のブログを読み返してみると、この時の体重が34.5kg。

果たして今回はいかに。

結果は34.9kg。

ダイエットができていません。中年のおばさんになってくると新陳代謝が悪くなってくるようです。まさしく、人間と同じです。

先生からはシニア用のドッグフードにするか食事の量を少し減らすように言われました。

頑張らなくては!

記念撮影の写真を貼ってもらった予防接種証明書をいただき、動物病院を後にしました。

Dsc06091_large

真剣にダイエットに取り組むことを帰宅後、プリンに説明すると。

「あーつまらない」

Dscf7426_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »