« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

平成の「天下分け目の決戦」

世界遺産の旅の帰路、以前から立ち寄ってみたかった場所へ行きました。

それが、ここ関ヶ原です。

約400年ほど前に、ここ関ヶ原盆地において天下分け目の決戦が行われました。

豊臣秀吉亡き後天下取りを企てんとする東軍の総大将、徳川家康は、7万4千の軍勢を従え、ここ関ヶ原に進撃してきました。これに対し、豊臣家に忠誠を誓う西軍の大将、石田三成は、この笹尾山に陣を移し、8万4千の軍勢で迎え撃ったのです。

Dsc08168

Dsc08155

戦いは、小早川秀昭の裏切りにより、東軍の圧勝に終わり、家康は徳川三百年へ着々と歩を進めることができました。ある意味、日本の歴史の転換点でもあります。

それから、400年余りたった、この日、平成の関ヶ原の戦いが行われました。

これは歴史には残らない、戦いであります。

西軍の石田三成にプリン、東軍の徳川家康を私が演じ、激しい戦いが繰り広げられました。

Dsc08167

結局、東軍の私が、「お手!」を命じて、西軍のプリンの敗北が決まりました。

Img_0957001

念願の関ヶ原に来ることができました。

武将たちの熱い戦いに思いを巡らせながら、古戦場を歩きました。

Dsc08157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

世界遺産の旅 第6弾(最終)

五箇山菅沼集落

五箇山IC出口の信号を左折し、菅沼方面へ2分で到着する、世界遺産です。

菅沼集落は谷あいにせり出した平坦地にあり、三方を庄川に囲まれ、もう一方は急斜面となっています。

集落には現在12棟の家屋があり、そのうち9棟が合掌造り家屋です。これらの合掌造り家屋は江戸時代末期(19世紀前期から中期)に造られたものが2棟、明治時代に建てられたものが6棟、最も新しいものは大正14年(1925)に建てられていて、このころまで合掌造りの家が建築されていたとのこと。

小さな集落ですが、なにか懐かしさがこみ上げてくるような雰囲気を持っています。

行って良かったと思えるすばらしい集落でした。

Dsc08120

Dsc08130

Dsc08140

昼食はここで、岩魚定食を食べました。いろりで焼いた岩魚の味は格別なものでした。

Dsc08136 

Dsc08131

Dsc08141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

「世界遺産の旅」 第5弾 

相倉集落散策です。

Dsc08101 

Dsc08108

Dsc08109001

Dsc08102

合掌づくりの屋根の内側の様子です。

Dsc08092

Dsc08116

Dsc08114

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界遺産」の旅 第4弾

五箇山の「相倉合掌造り集落」

富山県南砺市相倉、この集落は白川郷以上のすばらしい、心癒される場所でした。そして、白川郷と違って「観光地化されていない」、心静かに散策できる場所でもありました。

戸数27戸のうち、20戸が合掌造り家屋であり、その多くは江戸時代末期から明治時代にかけて建てられたものとのこと。

まさしくおとぎ話に出てくる、息をのむ風景です。

写真は、人形山展望所から相倉合掌集落を見ています。相倉でのNO1ビューポイントです。相倉合掌集落のほぼ全体をここ人形山展望所からは眺めることが出来ます。駐車場から徒歩約5分でこの場所に来ることができます。

Dsc08072

Dsc08073

下の写真は集落内で見かけたポスターを撮影したものです。もう、まもなくこのような風景に変わります。まさしく、豪雪地帯です。

Dsc08087

プリンもこの展望所から景色を楽しみました。

Dsc08075

Dsc08084

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界遺産」の旅 第3弾

次に、「和田家」です。国指定重要文化財。築後約300年が経過した今も生活が営まれ続けている、白川郷の代表的茅葺き合掌造り住宅です。

Dsc08042

Dsc08043

Dsc08044

白川村の使われなくなった合掌家屋を移築・保存して作られた野外博物館。昔ながらの暮らしぶりが再現されています。

Dsc08056

集落の散策を終え、白川郷にお別れです。

Dsc08069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

「世界遺産」の旅 第2弾

白川郷へ着くとすぐに、北端の荻町城址展望台(天守閣展望台)から合掌造り集落を臨みました。集落を一望するには絶好の場所です。ここへは車で行くことが可能です。ここからの眺めは写真等で見たことがある人が多いかと思います。

Dsc07992

Dsc07991

Dsc08007

次に集落内の散策です。ここには駐車場がありませんので、村指定のせせらぎ公園駐車場へ向かいましたが、満車で入ることができません。止む無く、臨時駐車場のみだしま公園へ車を止め、散策です。

明善寺です。文化財の庫裡(くり)、鐘楼門、本堂、イチイの木によって知られる由緒あるお寺です。

Dsc08015

Dsc08036

下の写真は明善寺の建物の2階から外を見た景色です。

Dsc08025

Dsc08027

集落の様子です。

Dsc08011

Dsc08048

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界遺産」の旅 第1弾

連休を利用して「世界遺産」を見学に行ってきました。

場所は、岐阜県「白川郷」、富山県「五箇山」です。

世界文化遺産「白川郷・五箇山合掌造り集落」平成7年12月、岐阜県白川村荻町(白川郷)と富山県上平村菅沼、平村相倉(五箇山)の3集落が世界文化遺産に登録されました。何れの地も、日本の原風景といってもいいすばらしい場所でした。

今治から車で走ること片道600km余りありますので、22日仕事を終え、雪の心配もあるので、タイヤチェーンを積んで、夜7時半頃、我が家を出発しました。途中、淡河パーキングエリア(兵庫県神戸市)で車中泊(仮眠)、夜中激しい雨で起こされましたが、なんとか体を伸ばして寝ることができました。夫婦それぞれと、プリンにも毛布支給です。翌23日朝、淡河パーキングエリアを出発し、午後1時頃白川郷へ到着です。

白川郷までの道中で思い出深い箇所を2か所紹介します。

まずは、ひるがの高原SAです。東海北陸自動車道の中間点にあります。このSAは標高約860mに立地し、日本一標高の高い場所にあるサービスエリアとのことです。雪化粧の大日ヶ岳(だいにちがたけ)を目の前に見ることができます。帰りには遠くに真っ白に輝く白山を眺めることができました。雄大な景色にしばし、うっとりです。

ここでは飛騨牛の焼肉(串)やコロッケを食しました。

Img_0931

Img_0933

Img_0930

次は、白川郷IC前にある東海北陸自動車道の飛騨トンネルです。このトンネルは、全長、10,710mの日本第3位の長さを誇る、それはそれは長いトンネルでした。愛媛県と高知県の県境にある寒風山トンネルも長い(5,432m)ですが、、その倍の長さのトンネル、よく作ったものだと思います。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

「バリィさん」グランプリに!

全国各地から、ゆるキャラが集まるイベント「ゆるキャラさみっとin羽生」が埼玉県羽生市で開催されました。この中で、ゆるキャラグランプリ2012の表彰式が本日行われました。47都道府県と海外から応募があった総数865のゆるキャラの頂点に立つグランプリは、我が愛媛県今治市の「バリィさん」に決定しました。

振り返ってみますと、愛媛県知事の「バリィさん」への本気の応援から、大きな流れができたような気がします。もし、知事の応援がなければ、今回準グランプリに輝いた山口県の「ちょるる」に負けていたかも知れません。

オール愛媛での取り組みと、全国の「バリィさん」ファンのおかげです。

昨年の準グランプリの悔しさを見事に晴らしてくれました。

「バリィさん」おめでとうございました。

Img_0738

 
【最終結果】
1位 今治観光大使「バリィさん」 547,284pt
2位 ちょるる(山口県) 462,970pt
3位 ぐんまちゃん(群馬県) 260,512pt
4位 さのまる(栃木県) 163,258pt
5位 ふっかちゃん(埼玉県) 158,343pt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

「第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会 予選ラウンド」

昨日は急遽、高知県へ行くこととなりました。高知市内で用事を片付け、時間があったので、第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会 予選ラウンドへ出場している、我が今治市からの代表、FC今治の応援に、高知県春野総合運動公園陸上競技場・球技場へ向かいました。到着してみると、残念なことに試合は既に終了していました。

ノルブリッツ北海道に1-0で敗れてしまいました。金曜日からの3日間を通しての結果は、1勝2敗で勝ち点3。1次ラウンド突破はなりませんでした。

これまで、私自身もFC今治の存在をあまり詳しく知らなかったのですが、今年の天皇杯などの活躍で、親しみを持つようになりました。来期こそは、是非ともJFLを勝ち取って欲しいと願っています。

バリィさん、焼豚玉子飯、そして、FC今治、今年はこれらが今治を熱くしてくれました。

せっかく来たこともあり、FC KOREA対バンディオンセ加古川の試合見学です。

なかなか見ごたえのある試合をしていました。試合はバンディオンセ加古川がPK5-4で、FC KOREAに勝利しました。

PK戦の様子です。

Dsc07962

Dsc07964

春野総合運動公園の木々は紅葉でまぶしく輝いていました。

Dsc07977   

Dsc07972

プリンの頭に枯れ葉があります。

Dsc07983

高知へ行くときはよく、南国SAのドッグランにも立ち寄ります。
Img_0922

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

「はま寿司今治別宮店ドライブスルー」

昨晩は、最近オープンした 「はま寿司今治別宮店」のお持ち帰りをいただきました。

ドライブスルーです。

午後5時15分頃にはま寿司(TEL0898-33-7170)へ電話。

午後5時45分頃取りに来てくださいとのこと。

ドライブスルーの受け取り場所にいくと、丁度出来たところでした。

それが、これ。

「かんだ」という種類です。38貫(税込み2,205円)、平日では10%オフになります。

Dsc07951

味は新鮮でなかなかGOODです。

夫婦2人には多いと思いましたが、問題なく食べてしまいました。

下の写真はお持ち帰りのチラシです。

Dsc07986

我が家ですと、静かに落ち着いて食べることができます。

機会があれば、また、利用したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

「愛よよみがえれ」

今朝から激しい雨が降り続きました。夕方、上がったので、今治市波方町の大角海浜公園へプリンと散歩に出かけました。

空は厚い雲が垂れ込め、今にも雨が降ってきそうな気配です。

Dsc07918

ところで、この時期の大角海浜公園はある植物のことが話題になります。

それが、これ。

Dsc07924

Dsc07939

Dsc07916

Dsc07926

「ツワブキ」です。キク科の多年草。海側の斜面で、黄色い花があちこちで目立ちます。

艶のある葉のフキ、から転じた「ツヤブキ」,それが転じて「ツワブキ」になったと言われています。毎年、この時期はこの公園に見学に来ています。今日は雨に打たれて、花にしっとり感が出ていました。この花が咲き終えたら、瀬戸内も冬本番です。

プリンはというともっぱら、花より団子です。

Dsc07930

花言葉は,「愛よよみがえれ」です。

我が家でも育てなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

「断捨離」

最近、「断捨離」という言葉をよく耳にします。

断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトとのこと。

ふと考えてみると、我が家にも昔から使われなくなったものがたくさんあります。

その代表的な物が本です。学生時代からの図書が書棚に眠っています。古いものはもう30年も前のものです。

思い切って、「断捨離」することとしました。

昨日から本を書棚から取り出し、束ねています。

Dsc07895

なにか、寂しい面もありますが、本の無くなった書棚を見た時、見た目と合わせて、心もすっきりしました。

歳を重ねることによって、自分が亡くなった時のことも考えなくてはなりません。そのためにも、身の周り、家の中をすっきりさせたくなってきています。

これからも、少しずつ、「断捨離」を実践していきたいと思います。また、そうすることによって、決して捨てられない、本当に大切な、価値のあるものが見えてくるのかもしれません。

下の写真の一人と一匹の「断捨離」は受け入れてもらえそうもありません。

Dsc07862

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

「抱き枕」

日本人の5人に1人が、眠りに何らかの悩みを持っていると言われている時代です。

このような状況の中、最近「抱き枕」の存在が注目を集めています。

人は生まれる前、お母さんのお腹のなかで過ごします。このときの姿勢を胎児姿勢といって、何かを抱き抱えているかのように丸くなった姿勢になっています。

抱き枕は、睡眠時の姿勢を楽にしたり、この抱き枕に抱きつくことで安心感を得ることができ、眠りに良い効果をもたらすからです。

また、人は1日に20回以上の寝返りをすると言われています。同じ姿勢で寝続けることは、体圧が体の一部に集中したり、血行の妨げになったりしてしまうため、無意識のうちに、寝返りをうちます。この時に役に立つのが、抱き枕です。

このほか、いびき対策もあります。仰向けで眠る姿勢に比べ、横向きで眠る姿勢の方が、いびきは緩和できると言われています。

このため、私は抱き枕が大好きです。

抱き枕の大好きな、私の名前は「プリン」です。

Dsc07894

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

「今治文化芸術祭」

今日は朝から風も強く、雨模様で、荒れた天気となりました。

雨降る中、午後から今治市中央公民館へ「第30回今治文化芸術祭」(音楽祭)を見学に行きました。

さあ、いよいよ開幕です。

Img_0914

市民吹奏楽団の登場です。知人がいます。

冒頭は全員で吹奏楽に合わせて「今治市民の歌」の合唱です。

Img_0916 

次ぎに、「ふるさと」を合唱しました。本当に名曲はいつ聴いてもいいものです。久しぶりに心が洗われた一日となりました。

Img_0920

帰宅すると、チーズケーキが台所のテーブルの上に。妻が無性にチーズケーキが食べたくなったので、作ったようです。食いしん坊です。

味はというと

Dsc07889001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

「玉川デー」

今日は昼前から出発し、今治市玉川町のあちらこちらへ出かけました。

まずは、玉川町の山奥(失礼)、鈍川にある「ふれ愛茶屋」を目指しました。

ふれ愛茶屋は、廃校になった「鈍川(にぶかわ)小学校」の近くの「JA越智今治鈍川支店」後を利用して、地域の方が運営しています。

ここでの昼食の前に、プリンの散歩です。廃校となった「鈍川小学校」を散歩しましたが、今は子供たちの声が聞こえなくなった校舎は不気味なほど静かでした。

Img_0904

Img_0903

散歩の後は、いよいよ昼食です。ここがそのお店です。

メニューは限定されていて、今日はうどんとおいなりのセットでした。

Img_0912

これに、食後のコーヒーがついて500円です。

Img_0911

食後は鈍川の森林館へもみじ狩です。まだ、少し時期が早いようでしたが、樹によっては見事に紅葉していました。

Dsc07861

Dsc07859

Dsc07860001

Dsc07865

Dsc07884

その後は、玉川ダム湖近くの、「玉川湖畔の里」へ。地域の特産品を販売している道の駅によく似た施設で買い物をし、しばし、玉川ダム湖を眺めながら、車中でお昼寝です。いつもなら、水没している旧竜岡小学校跡が見えました。ダムの貯水率現在76%でした。

ここ、玉川ダム湖は平成29年の愛媛国体のボート競技の会場となる場所でもあります。

Dsc07886

締めは、伊予(愛媛)の三湯の一つ、鈍川温泉、鈍川せせらぎ交流館で入浴し、気持ちよく帰宅しました。全国にいろいろな温泉がありますが、この温泉のぬめり感は最高です。

まさしくオール玉川デーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

「バリィアタック」

明日、11月9日(金)19時から放送される、日本テレビの「ガチガセ」に今治観光大使「バリィさん」が出演し、大好評のご当地キャラ相撲第4弾として静岡県のハンバーグマ「グーグー」とガチンコ勝負を繰り広げます。

ハンバーグマのグーグーは、静岡県西部を中心に活躍するご当地ゆるきゃらです。ハンバーグの妖精で、あわてたり、興奮するとボディから肉汁の汗があふれ出るとのこと。

きっと楽しい対決になると思います。

是非ともご覧ください。

ゆるキャラグランプリのバリィさんへの一ポチもよろしくお願いします。投票は、残り7日と18時間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

「はま寿司今治別宮店」

今宵は、一昨日の11月5日にオープンした「はま寿司今治別宮店」へ突撃取材をすることとなりました。

場所は、今治市中央体育館に近く、今治市立別宮小学校前になります。この写真は国道317号線からのものです。入り口は別宮小学校方向にもあり、計2箇所あります。

営業時間は11時から23時までとなっています。

Img_0897

オープン当初ということもあり、混雑を覚悟していたのですが、駐車場も広く、待ち時間もほとんどなく、スムースに座ることができました。

下の写真のタッチパネルを使って注文することが簡単にできます。

Img_0891

満席状態でしたが、注文品はすばやく届けられました。新鮮なネタです。大変、満足です。

Img_0893

また、ここは、一般的な回転寿司にはない、ドライブスルーがあります。下のパネルに沿って車を停め、中央マイクに向かって注文します。

Img_0900

下の写真の右端で注文し、停まっている車が受け渡しをしてもらっています。

Img_0901001

今治市の北部地域は回転寿司不毛の地であったため、これから賑わうこととなるでしょう。

通勤経路にあり、工事中からずっと工事の進捗を見ていたので、どうしても一度、店内に入ってみたくなり、今宵それを実現しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

「夫婦初めてのコンサート」

昨晩は夫婦で初めてのコンサートへ行きました。

コンサートに関しては、結婚してこれまで一度も行ったことがありません。

本当に初めてのコンサート。それが、私にとっては、まったくといっていい程興味のない、クラッシックのコンサートです。最初から、睡魔に襲われてしまうのが本当に心配でした。

会場は3千人収容の松山にあるひめぎんホール(メインホール)です。そういえば、以前にチケット予約の関係で、妻に協力して電話を何度もかけたことを思い出しました。

まず、会場に到着して驚いたことは、ステージは、まったく飾り気なく、まさしく、ポツンとピアノ一台が置かれているだけでした。

Img_0890

これだけで、3千人と本当に勝負できるのでしょうか。

そして、観客はほとんどが女性。

誰が登場するかというと、日本を代表するピアニストで、国際的にも活躍している「辻井伸行」氏です。何度かテレビで見たことはあります。

演奏はいきなり始まりました。ドビュッシーの曲です。

2つのアラベスク/ベルガマスク組曲/版画 /喜びの島
。(正直言って聴いたことがないです。)

遅れて入場してくる観客のことを考えて、初めは一曲ごとに辻井さんは退場していました。

次は、ショパンです。ショパンになると聴いたことがある曲がほとんどです。

華麗なる大円舞曲/スケルツォ第2番/幻想ポロネーズ/英雄ポロネーズ

見事な演奏です。人馬一体とは聞いたことがありますが、人とピアノが一体です。

3千人、全ての耳目が舞台に釘付けです。

演奏が一通り終わるとアンコールです。観客の拍手が鳴りやみません。

結局、アンコールで4、5曲は演奏したでしょうか。

その曲の中には「NHK東日本大震災プロジェクト」復興支援ソング「花は咲く」がありました。やはりプロです。私のようなクラッシック音痴の者でも楽しめるような曲を演奏をしてくれます。

私たちの席からは指先の動きは見えませんでしたが、見事としかいいようがありません。指先から音がこぼれているかのようです。

「明日は松山城の見学に行きます」と辻井さんは言っておられました。

帰路、盲目のピアニストということをふと思い出しました。彼は、決して天才ではないのだと思います。これまでの汗と涙の結晶が今に結びついているのです。

生演奏、そして、ピアノのすばらしさを教えてくれた初めてのコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

「高知県香美市」

昨日は、高知にいる長男へ、冬用の布団等を届けることとなりました。

この機会を利用して、以前から行ってみたかった高知県香美市の「湖畔遊」と「べふ峡温泉」を目指すこととなりました。

まずは、「湖畔遊」です。高知南国ICを降りて、車で約30分で到着です。物部川中流ダム湖畔を望む場所にあります。ゆっくりと流れる湖畔を眼下に、四国でも珍しい天然にごり湯を100%かけ流す贅沢な温泉(当日は入浴はしませんでした。)と食事のできるカフェがあります。

Dsc07840

Dsc07829

Dsc07833 

庭にさまざまな樹木を植え、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

全席湖畔を望むカフェで食べる料理は、地元の除草剤や農薬を使用しない完全な無農薬の食材だそうです。当日は我々はお弁当をいただきました。

Dsc07828

ここは食事と景色がごちそうになっています。

できれば、平日に来てのんびりとお風呂に入ってみたいと思います。

次に目指したのが、「べふ峡温泉」です。

「湖畔遊」から約40分余り車で走ります。道中、アンパンマンミュージアムの前の道の駅で休憩です。たくさんの家族連れが、ミュージアムを見学に来ていました。

そして、「べふ峡温泉」です。ここは物部川の源流・奥物部です。水、空気清らかで、肌寒いくらいです。

温泉の背後地の山は紅葉で色づいていました。見ごろはもうちょっと先のようですが、それでも見事というほかありません。

Dsc07845

Dsc07846

プリンは川遊び、我々は温泉に入りゆっくりとくつろぐことができました。湯上がり後は体が長い間ポカポカしていました。

Dsc07852

次は泊まりで来たい場所でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

「世界的な陶芸家」

世界的な陶芸家が何かを作っています。

酒井田柿右衛門か、はたまた、野々村仁清でしょうか。

流れるような手さばき、「いい仕事をしています」。

Dsc07816

以上、素人のマグカップづくりでした。

先日、四国カルストに行った際、ハイキング中におもしろい名前の木を発見しました。

「コ」が付いているのが非常にかわいいと思います。

Dsc07764

Dsc07763

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »