« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

「花見」

今日は午後から花見です。

ここは、今治市波方町の海山城です。城が桜に包まれていました。

ほぼ満開です。

Dsc08535

Dsc08548

Dsc08558

桜の向こうにしまなみ海道が見えます。

Dsc08553 

Dsc08565

そして、ここは北条の道の駅(風早の郷 風和里(ふわり))です。

Dsc08578

菜の花がきれいに咲いていましたので、プリンの記念撮影です。

Dsc08579

以上、花見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

「引越し」

本日、長男の高知から地元愛媛への引越しが完了しました。

手伝いの帰路、近くの西条の加茂川の桜を楽しみました。今はどこも桜、桜、桜です。

満開の桜が笑顔で迎えてくれます。

Dsc08519

Dsc08503

Dsc08515

Dsc08525

対岸の武丈公園は多くの人で賑わっていました。

Dsc08511001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

「別れと出会い」

街中の桜もだんだんと咲き始めました。

今週末ぐらいが見頃になるのではないでしょうか。

さて、もうすぐ新年度、平成25年度のスタートです。

私の職場でも今月末で退職する方や4月1日付で人事異動される方がいます。

今夕は職場の送別会が今治の奥座敷、鈍川温泉郷で盛大に開催されました。

関係する皆さんの輝かしい門出を祝うかのように満開の桜が送別者を出迎えてくれました。

皆様に幸多かれと心からお祈りします。

Img_1740 

Img_1744

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

「高知」

今日は長男が今月下旬に転勤で引越すこととなったため、不要な物を引き取りに高知まで足を伸ばしました。

途中、南国SAのドッグランでプリンの走りこみです。大型犬のお友達がいました。

Img_1719

このマンションとももう少しでお別れです。

Img_1723

マンション近くをプリンと散歩しました。

Img_1720

帰路は、高速道路を使わず、一般道で寒風山トンネル経由で帰ってきました。

途中、道の駅に寄りながら休憩です。

下の写真の道の駅は「633美の里」です。

この道の駅は国道194号と国道439号が交わる場所にあることから、この2つの数字を足した「633」に、自然の美しさを表す「美」をつけて「633美の里」と呼ぶとのこと。

なかなか面白いネーミングです。

Img_1734

高知はいたるところで桜が満開でした。

Img_1724

この道の駅の前の川原をプリンと散歩しましたが、まさしく清流でした。

Img_1729

Img_1727

最後の仕上げは昨日リニューアルオープンした道の駅「木の香」の温泉で疲れをとっての帰宅となりました。一般道での旅、非常に気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

「2013 無量寺のしだれ桜」

ここは今治市朝倉上にあります龍門山 無量寺(今治市朝倉上甲776‐3)です。

最近は毎年ここのしだれ桜を見学に来ています。到着したのは今宵8時頃です。

樹齢約100年の見事なしだれ桜がライトアップされています。京都醍醐寺から頂いた桜とのこと。

今日は満開でした。

Dsc08472

桜もさることながら、ここへ来ると40数年前にこの桜のすぐ横にあった龍門保育園へ通っていたことを思い出しました。懐かしい故郷です。

また、ここ無量寺の隣接地に私の母校の上朝小学校がありますが、児童数の減により、下朝小学校への統合がつい最近決まりました。母校がなくなることは寂しいものですが、時代の流れには逆らうことはできません。なんとか学校跡地が有効に活用され、地域の活性化に結びつくことを願っています。

Dsc08497

Dsc08494

Img_1703

無量寺へは、国道196号バイパスから朝倉方面(タオル美術館方面)へ進み、セルフのガソリンスタンドを右折し、一本道を上がっていくと左手に上朝小学校が見え、すぐに無量寺の駐車場があります。駐車場から歩いて1分です。夜は無量寺までの道が暗いので足元に気をつけてください。土地勘のない方は昼間に見学した方がベターだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

「プロペラのその後」

今治市公会堂横に設置されているプロペラ工事の今日の様子です。今にもプロペラが回りそうな雰囲気があります。

もうほとんど完成です。

今月下旬にはお披露目されるようです。

このプロペラ、設置の際には、今治港へ海上輸送され、海上クレーンで陸揚げし、今治港から公会堂前までの約500mの間、幹線道路を全面封鎖し、運搬を行ったようです。

さすが天下の今治造船(株)だと思います。早く周りの囲いが外され、完成したした姿が見たいものです。

Img_1688Img_1689 Img_1690 Img_1691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

「海山城」

今日は時間の空いた午後3時頃から今治市波方町のシンボルとも言える遠見山の海山城へ出かけました。もちろんプリンの散歩も兼ねています。

ここは、その昔、来島水軍の砦があり来島海峡付近を行き交う船の遠見番所が置かれていました。

Img_1684

ここからは、来島海峡大橋や波止浜市街地、波方町など360度のパノラマの景色を楽しむことができます。

Img_1683

Img_1676

Img_1677

中国地方からしまなみ海道を渡って今治へ帰ってくる時に、夜空に輝くここ海山城の明かりが見えます。また、夜仕事から自宅へ帰ってくる時も同様です。今や陸の燈台ともいえる存在になっていると思います。

遠方から帰ってくる人にとっては、ライトアップされた海山城を見て、我が家へ帰って来たと思う人もきっと多いと思います。

桜の名所としても有名ですが、開花はもう少しです。

今日は残念ながら春霞がかかっていました。

桜ではないのですが、駐車場近くのモクレンが見事に開花していました。

Img_1685

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東京」

次男の引っ越しに合わせて、東京見物をしてきた妻が撮ってきた写真です。

ここは、auのCMできゃりーぱみゅぱみゅさんがライブを行っている増上寺です。

増上寺と言えば徳川家の菩提寺です。この日、徳川将軍家霊廟の特別拝観に参加したようです。

Img_1594

スカイツリー。

Img_1651

浅草の仲見世。

Img_1639

この写真が気にいりました。探偵のポスターです。東京にもプリンがいました。

Img_1663

下の写真中央に見える面影橋駅は、東京都新宿区西早稲田三丁目にある都電荒川線の停留場です。左の桜の木の下に神田川が流れています。

ところで、この日は東京では煙霧で視界が大変なことになっていたようです。煙霧という言葉を聞いたことがなかったのですが、地面から吹き上げられて大気中に浮かんでいる細塵や煙の粒子とのこと。またそれらのために遠方の風景がはっきり見えなくなる現象をいうのだそうです。原因は中国大陸の黄砂ではないようです。見たこともない景色だったようです。

Img_1647

ここにある面影橋を渡った近くに次男の住むマンションがありました。

Img_1649

入学の為の引っ越しでプリンを連れてこの辺りを散歩したことを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

「河津桜」

今日は次男が就職先の寮へ引っ越しするため、次男と私の車に荷物を積んで、我が家を出発し、松山の寮まで向かいました。

引越し作業の途中で、ニトリへ買い物に出かけましたが、入学や就職など新しい門出を迎える人たちで賑わっていました。

帰路、今治市のサンライズ糸山横の河津桜を見学しました。見事に満開でたくさんの見物客の方が来ていました。

Img_1668

Img_1669

Img_1671 

Img_1672

各地でソメイヨシノの開花宣言が出ています。今年は桜前線が例年より早くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

「引越し」

今治市の糸山にあるサンライズ糸山の隣にある河津桜が満開になっているようです。

今月20日頃までは見頃が続くようです。

桜が咲きだすと、旅立ちの季節を迎えます。

我が家でも次男が大学生活を終えて東京から今日帰ってきました。

下の写真は次男の荷物を積み込んだトラックとのこと。荷物は明後日我が家に届きます。

すぐに、就職の為、もう1回引越しをしなければなりません。

また、高知県にいる長男が転勤で地元愛媛に帰ってくることになりました。引越しが続きます。

130313_100402

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

「京都旅行でのプリン 最終章」

今朝、通勤途中に別宮大山祇神社の早咲きの桜が満開になっているのに気がつきました。思わずしばし見とれてしまいました。

Dscf1051 

Dscf1048

ところで、先の京都旅行中のプリンとの散歩を紹介します。東山周辺の道は観光客が多い時は歩くことができないので、早朝の散歩を楽しみました。

最初の写真は東山ではなく、北区の大徳寺の門前です。高桐院へ入る前にお寺の周辺の散歩をしました。

Img_1517

ここから東山です。護国神社前です。

Img_1532

Img_1539

Img_1541002

京都東山 霊山観音前です。

Img_1543

清水寺への参道です。早朝6時30分頃です。

Img_1547

高台寺入口です。

Img_1542001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

「京都旅行 第4弾」

ここは、NHKの大河ドラマ「八重の桜」の舞台ともなっている金戒光明寺です。尊皇壤夷、風雲急を告げる京都市中警護のために会津藩主松平容保は任命され、文久二年(一八六二年)十二月二十四日入洛、ここくろ谷に本陣をかまえました。

Dsc08440

高台寺です。1606年(慶長11)豊臣秀吉の正室北政所(ねね)が秀吉の菩提を弔うため創建。臨済宗建仁寺派。

Dsc08454

次に、修学旅行でもお馴染みの清水寺です。驚くほどの観光客でした。

Dsc08464

Dsc08465 Img_1560001

清水寺ではぜんざい、抹茶をいただきました。

Dsc08467

霊山歴史館では幕末の京都の雰囲気を味わいました。

Img_1566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

「京都旅行 第3弾」

京都旅行の初日に予め計画していた見学場所以外に上賀茂神社まで行っていたこともあり、急遽今回紹介する二つの社寺仏閣の見学を追加しました。

時期的にも閑散期ということもあり、普段であれば混雑して車で訪れることは困難な地域ですので、あえて、訪問することとしました。

まず、訪れたのがここ貴船神社です。誰もが願う「恋愛成就」ですが、ここ貴船神社は縁結びの御利益がある日本三大神社(「出雲大社」「気多大社」「貴船神社」)の一つでもあります。こういったこともあり、参拝者のほとんどが若い女性でした。

Dsc08416001

創建は明らかではありませんが、社伝によると、5世紀初、神武天皇の母・玉依姫(たまよりひめ)が黄船に乗って淀川、賀茂川(鴨川)、貴船川をさかのぼり、現在の貴船神社の奥宮あたりに船を留め、そこに社殿を建てたのが始まりといわれています。

Dsc08420

平安時代には貴船は都の水源地であったため、水を司る神社として信仰を集めてきました。

Dsc08419

平安歌人の和泉式部も冷めた夫の愛を取り戻そうと祈願に訪れたことでも有名な結社。縁結びの神様・磐長姫命(いわながひめのみこと)が祀られています。

貴船神社は水の神さまであることから、境内の御神水に浮かべると水の霊力によって文字が浮かんで見えてくるおみくじがあります。箱の中から好きな1枚を選ぶようになっています。

Dsc08422

Dsc08425

次に訪れたのが、鞍馬寺です。貴船神社の近くにあります。

仁王門のところで愛山費200円を払って境内に入ります。ここ鞍馬寺は牛若(源義経の幼名)が7歳から16歳までの間、修行したことでよく知られています。

Img_1519

仁王門を潜り、左手の坂道を登って行くと由岐神社へ。右手には一気にを登るケーブル山門駅がありますが、頑張って歩きで本堂まで登っていきました。

カメラで撮影すると雪が少なく感じますが、本殿に着いた時は大雪で前が見えませんでした。

ここ鞍馬寺から貴船神社までは、有名なのが木の根道などのある山越えのハイキングコースがあります。機会があれば是非挑戦してみたいコースです。

Img_1525001

鞍馬寺下の駐車場で大きな天狗と一緒に記念撮影ですが、プリンは正面を向いてくれませんでした。

Img_1531

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

「京都旅行 第2弾」

京都に着いて、まず最初に訪れたのがここ北野天満宮です。

京都随一の梅園があることでも知られています。ただ、当日は残念ながらまだ3分咲でした。

Dsc08358

Dsc08375

次に京都訪問の際はいつも来ている大徳寺高桐院です。まだ観光シーズンではないので、ほぼ貸切状態です。赤い毛氈 (もうせん) に座り、いつものように抹茶をいただきました。

Dsc08380

Dsc08393

Dsc08395_2

Dsc08398

次に世界文化遺産の上賀茂神社です。

ここは、今治市の菊間にある加茂神社と深い縁があります。加茂神社の周辺は昔、京都賀茂別雷神社(上賀茂神社)の社領となりました。「お供馬の走りこみ」という祭ごとは平安の昔、上賀茂神社で行われていました。当時は「競馬会(くらべうまえ)」と言われており、その「競馬会」に、菊間町が馬を奉納したことにより今治市菊間町でも行なわれるようになったと言われております。

Dsc08411001

Dsc08405

境内の神々しい雰囲気に満ち溢れている中、当日は数組の結婚式も行われていました。

Dsc08406

この境内にはすぐきで有名な「すぐきや六郎兵衛」が神社入り口にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本一の海事都市今治」のシンボル

ブログのタイトルに今治観光と書いてありますので、「京都旅行記」の間にここで少し今治のことを紹介します。

ここ今治市は、古くは村上水軍が活躍するなど、海とともに栄えてきた町です。そして日本一を誇る造船業集積地でもあります。市内には14の造船所が立地し、建造隻数では国内約17%を占める日本一の集積地です。また、海運業も盛んで、海外との貿易を行う外航海運では国内の船の約3分の1を市内の船主が持っています。

製造品出荷額は実に1兆円を超える四国最大の産業都市でもあります。

このような今治市に先日、海事都市を象徴するような巨大なプロペラが今治造船さんの寄贈により設置されました。3月4日(月)朝、衝撃のデビューとなりました。交通規制の看板もありましたので、プロペラの海からの移動に関しては相当大掛かりになったのではないかと思います。

Img_1571

Img_1569

Img_1573

このプロペラのサイズですが、直径が9mで6翼、重量が約93トン、とてつもない大きさです。

プロペラ設置工事は3月末に完成予定。全高10m余りの巨大なモニュメント、あと、少しで囲いが外され、黄金色に輝くプロペラを観ることができるようになります。

今治の観光名所の一つになることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

「京都旅行 第1弾 突然の出会い」

昨日、一昨日と京都を旅してきました。

一昨日、土曜日の朝5時に今治を車で出発し、途中休憩をはさみながら、午前9時30頃京都市内に到着しました。

2日間で、北野天満宮、大徳寺(高桐院)、上賀茂神社、貴船神社、鞍馬寺、下鴨神社、金戒光明寺、京都霊山護国神社、高台寺、清水寺、霊山歴史館と駆け巡りました。

土曜日の京都は雪が舞う寒い日でした。

ところで、滞在中、印象深い出来事がありました。

それは、日曜の朝。坂本龍馬のお墓参りのため、霊山護国神社へ行き、参拝料を払い、ほんの少し参道を歩いた時のことです。

妻が突然、参道で固まってしまいました。その原因はこれ。

Dsc08443

拡大をするとこれ。

Dsc08443001

妻は相手としばらくにらみあっていましたが、かなり時間が経って、相手が猿だと気がついたようです。動物の中でも一番苦手な猿です。妻はお墓参りどころではなくなってしまいました。一人で、脱兎のごとく来た道を引き返してしまいました。それがこの写真です。

Dsc08444

300円の参拝料が無駄になってしまいました。

私は早朝のプリンとの散歩でこの神社近くで猿を見かけていましたので、驚くことはありませんでしたが、妻に猿がいるということを言い忘れていました。

その時の写真がこれ。プリンの視線の先に毛づくろいをするお猿さんがいます。

Img_1533001

Img_1556

それにしても、妻は長い時間、じっくりと見つめ合っていました。本当は仲がいいのかしれません。

京都市内に野生の猿がいることを初めて知った旅でした。

下の写真は私一人だけで見学した坂本龍馬、中岡慎太郎のお墓です。

Dsc08445

Dsc08447

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »