« 「京都旅行 第1弾 突然の出会い」 | トップページ | 「京都旅行 第2弾」 »

2013年3月 5日 (火)

「日本一の海事都市今治」のシンボル

ブログのタイトルに今治観光と書いてありますので、「京都旅行記」の間にここで少し今治のことを紹介します。

ここ今治市は、古くは村上水軍が活躍するなど、海とともに栄えてきた町です。そして日本一を誇る造船業集積地でもあります。市内には14の造船所が立地し、建造隻数では国内約17%を占める日本一の集積地です。また、海運業も盛んで、海外との貿易を行う外航海運では国内の船の約3分の1を市内の船主が持っています。

製造品出荷額は実に1兆円を超える四国最大の産業都市でもあります。

このような今治市に先日、海事都市を象徴するような巨大なプロペラが今治造船さんの寄贈により設置されました。3月4日(月)朝、衝撃のデビューとなりました。交通規制の看板もありましたので、プロペラの海からの移動に関しては相当大掛かりになったのではないかと思います。

Img_1571

Img_1569

Img_1573

このプロペラのサイズですが、直径が9mで6翼、重量が約93トン、とてつもない大きさです。

プロペラ設置工事は3月末に完成予定。全高10m余りの巨大なモニュメント、あと、少しで囲いが外され、黄金色に輝くプロペラを観ることができるようになります。

今治の観光名所の一つになることでしょう。

|

« 「京都旅行 第1弾 突然の出会い」 | トップページ | 「京都旅行 第2弾」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本一の海事都市今治」のシンボル:

« 「京都旅行 第1弾 突然の出会い」 | トップページ | 「京都旅行 第2弾」 »