« 「大洲肱川のうかい」? | トップページ | 「夕焼け」 »

2013年6月25日 (火)

「志ぐれ」

大洲と言えば、はずせない食べ物があります。それは「志ぐれ」です。臥龍山荘近くのお店で今回も購入しました。「志ぐれ」は厳選された小豆を使用し、餅粉、米粉、砂糖を混ぜ合わせ、蒸篭(せいろ)で蒸してできた大洲市の郷土菓子です。

これが小豆の粒が残り、食感がこの上なくいいのです。私の大好物でもあります。下の写真がその「志ぐれ」です。

Img_0174
大洲の街並みをプリンと少し散歩です。
ここは大洲神社です。急な石段に驚かされます。

Img_0177

大洲の街並みです。伊予の小京都と呼ばれる意味が分かります。

Img_0178

この日のランチは、「油屋」さんです。大洲市観光時の食事先としては非常に便利なところにあり、人気があります。

外観を撮り忘れましたが、重厚な古民家風で色もシックで落ち着いています。

油屋弁当800円でした。

Img_0170 

ところで、昨日収穫した我が家のミニトマトの中にだるまのようなトマトを発見しました。

Img_0180

|

« 「大洲肱川のうかい」? | トップページ | 「夕焼け」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「志ぐれ」:

« 「大洲肱川のうかい」? | トップページ | 「夕焼け」 »