« 「現代の今治城」 | トップページ | 「大洲肱川のうかい」? »

2013年6月22日 (土)

「波止浜公園」

明るいニュースが飛び込んできました。

本日、ユネスコの世界遺産委員会が、日本の富士山を静岡県の三保松原を含めた形で世界文化遺産として登録することを決めました。

日本一の山、富士山、今後ますます世界中の観光客が押し寄せてくることになりそうです。

ところで、今日はプリンを連れて、午後、世界文化遺産ではないですが、名勝、波止浜公園の散策に出かけました。今治の人でもこの公園を訪れる人は少ないと思います。知名度は高くはないですが、いい所です。

波止浜港に車を止め散歩です。

Dsc08977

ここは急潮の来島海峡や波止浜湾を間近に望む国指定の名勝です。古くから文人墨客ゆかりの地として知られており、小林一茶も来遊しており、高浜虚子、今井つる女などの句碑も建っています。

Dsc08981 Dsc08980 Dsc09011

またここには、波止浜町長と波止浜塩業組合長を兼務した原真十郎氏の胸像もあります。彼は小島砲台の史跡公園化を昭和初年に実現した人としても知られています。また、現在の原印刷株式会社の創設者でもあります。

Dsc08982

頂上の展望台です。周りの木々が大きくなって見通しはよくありませんが、それでもいい景色を見ることができました。

Dsc09005

ここから望む景色は絶品です。左手前の島が来島村上水軍の本拠地であった来島、その向こうが小島です。両島とも歴史あふれる、魅力の島です。

Dsc09002 Dsc09003

波止浜港に帰ってきてプリンの記念撮影です。ここ波止浜湾には1万トン級の船が浮かんでいて、「造船長屋」と呼ばれるほど造船所がひしめき合っています

Dsc09026

 

|

« 「現代の今治城」 | トップページ | 「大洲肱川のうかい」? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「波止浜公園」:

« 「現代の今治城」 | トップページ | 「大洲肱川のうかい」? »