« 「サッカーのまちへ」 | トップページ | 「高千穂峡」 »

2015年5月 6日 (水)

「歴史と物語が生まれた場所へ」

ゴールデンウィークを利用して、鹿児島、宮崎を旅してきました。

今回の大きな目的は、戦争の悲惨な真実を今に伝える「知覧特攻平和会館」を訪れることです。

以前から一度は行ってみたいと考えていました。そして、それに合わせて鹿児島、宮崎は高千穂峡を観光です。

愛媛の三崎港から大分佐賀関の九四フェリーに乗ること、1時間10分、そして、そこから一路鹿児島へ車を走らせます。もちろんプリンも一緒です。今回は車の走行距離往復約1300kmでした。

まず最初に向かったのが、鹿児島県霧島市福山町の坂元醸造株式会社です。天候が崩れると言われていましたので、初日に桜島を見ることができるこの場所を選びました。

途中の展望所で桜島を見ることができました。

Dsc00521

Dsc00524
そして、壺畑です。

辺り一面壺、壺、壺です。くろずです。

Dsc00527

|

« 「サッカーのまちへ」 | トップページ | 「高千穂峡」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史と物語が生まれた場所へ」:

« 「サッカーのまちへ」 | トップページ | 「高千穂峡」 »